過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第33474問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律」に基づき設立された理容業生活衛生同業組合が行うことができないものは、次のうちどれか。
   1 .
理容所の施設の改善及び経営の健全化のための資金のあっせん
   2 .
組合員の営業に関する技能の改善向上
   3 .
組合員に対する、施術料金を統一するための標準営業約款の作成
   4 .
組合員の共済に関する事業
( 第36回 理容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
正解は3です。

施術料金は理容室によって違います。

一般に同業者が協定して、料金はいくら以下にしないとか、客に対するサービスの方法を制限するとかいったことは、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」によって禁止されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。