過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年度(2010年) 宅建業法    宅建 過去問 | 無料の過去問題

問題

宅地建物取引業者Aが、売主Bと買主Cとの間の宅地の売買について媒介を行う場合において、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、法の規定によれば、正しいものはどれか。

 1 . 
Aが、取引主任者をして、37条書面に記名押印させた場合には、37条書面の交付を、取引主任者でないAの代表者や従業員が行ってもよい。
 2 . 
公正証書によってなされる売買契約の場合には、当該公正証書に取引主任者の記名押印がなくても、法第35条に規定する書面に取引主任者の記名押印があれば、当該公正証書をもって37条書面に代えることができる。
 3 . 
B及びCが宅地建物取引業者である場合には、37条書面において、引渡しの時期の記載を省略することができる。
 4 . 
37条書面に記名押印する取引主任者は、法第35条に規定する書面に記名押印した取引主任者と同一の者でなければならない。
この宅建 過去問の解説(3件)
2

1.37条書面の取引主任者の義務は記名・押印のみ。交付義務はないので、代表者や従業員が行ってもかまいません。
2.公正証書をもって37条書面に代えることはできません。
3.業者間の取引であっても、引渡しの時期の記載を省略する事はできません。
4.37条書面と35条書面の取引主任者が同一の者である必要はありません。

2014/10/22 15:18
ID : ffwqkrtewz
付箋メモを残すことが出来ます。
-1

正解は【1】になります。

1:宅地建物取引業法37条3項より、宅建業者が37条書面を作成した場合、宅建士に記名押印させなければなりませんが、その交付については、その当事者を宅建士に限定する規定はありません。

2:宅地建物取引業法37条3項より、公正証書による契約書面を37条書面として取り扱うことは可能ですが、契約書面には、宅建士の記名押印が必要になります。この記名押印が無い以上、37条書面に代わるものとすることはできません。

3:宅地建物取引業法37条と78条2項より、業者間取引であるという理由で適用が排除される場合は8つの規制のみであり、37条書面の記載事項に関して業者間取引であっても、それ以外の場合と何ら違いはありません。そして、引渡しの時期は37条書面に必ず記載しなければならない事項であり、業者間取引であっても、これを省略することはできないことになります。

4:35条書面への記名押印や、37条書面への記名押印も、それぞれ宅建士であることが求められています。両者が別の宅建士であった場合でも、特に問題があるわけではありません。

2017/04/03 20:32
ID : qurfzfaek
-2

【答え】1.

1. 正
(宅地建物取引業法 第37条3項)
宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買又は交換に関し、自ら当事者として契約を締結したときはその相手方に、当事者を代理して契約を締結したときはその相手方及び代理を依頼した者に、その媒介により契約が成立したときは当該契約の各当事者に、遅滞なく、次に掲げる事項を記載した書面を交付しなければなりません。
宅地建物取引業者は、交付すべき書面を作成したときは、取引主任者をして、当該書面に記名押印させなければならないとされています。
書面の交付を行う者は、取引主任者である必要はありません。

2. 誤
(宅地建物取引業法 第37条3項)
37条書面には、取引主任者をして、当該書面に記名押印させなければなりません。

3. 誤
(宅地建物取引業法 第37条)
37条書面においては、宅地建物取引業者間であっても、省略できる内容はありません。

4. 誤
(宅地建物取引業法 第37条3項)
法第35条の書面と37条書面に記名押印する取引主任者が同一である必要はありません。

2014/11/05 19:53
ID : saqzjdhpr
border line
過去問.com 宅建の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この宅建 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。