薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16679問 出題

問題

56歳男性。身長165cm、体重63kg。直腸がんと診断され、フルオロウラシル・ホリナートカルシウム・イリノテカン塩酸塩水和物療法(FOLFIRI)とセツキシマブ(遺伝子組蕊換え)製剤との併用療法が開始された。
上記併用療法における医薬品の使用に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
フルオロウラシルは、急速静注後、持続静注する。
 2 . 
ホリナートカルシウムは、フルオロウラシルの副作用を抑制する目的で投与する。
 3 . 
イリノテカン塩酸塩水和物は、フルオロウラシル投与後に点滴静注する。
 4 . 
セツキシマブは、KRAS遺伝子変異の有無を考慮した上で使用する。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:1、4

1 フルオロウラシルの作用は、濃度依存性です。急速静注したのち、持続静注に切り替える必要があります。

2 ホリナートカルシウムは、フルオロウラシルの作用を増強する目的で投与します。

3 イリノテカン塩酸塩水和物は、フルオロウラシル投与後ではなく、投与前に点滴静注します。

4 セツキシマブの有用性は、KRAS遺伝子変異を示す患者においては確認されていません。
評価後のアイコン
2017/07/21 02:14
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
選択肢1: ⚪︎

選択肢2: ×
ホリナートカルシウムは、フルオロウラシルの「作用を増強」する目的で投与します。
副作用を軽減する目的で投与するのはメトトレキサートです。

選択肢3: ×
イリノテカンは、フルオロウラシル投与「前」に投与します。
抗がん剤同士の相互作用を考慮し、毒性発現を抑えるための一般的な投与順です。

選択肢4: ⚪︎
評価後のアイコン
2015/08/21 12:51
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。