過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

37歳女性。脂質異常症のため病院で以下の薬剤が処方されている。

この患者が、自宅で熱傷を負い緊急受診し、抗菌薬を投与されることとなった。
担当医師より抗菌薬の選択について問い合わせがあった。
ピタバスタチンカルシウム錠との併用において、薬物動態上、注意を要する抗菌薬はどれか。1つ選べ。

 1 . 
レポフロキサシン水和物
 2 . 
クリンダマイシン塩酸塩
 3 . 
エリスロマイシンステアリン酸塩
 4 . 
セフカペンピボキシル塩酸塩
 5 . 
アジスロマイシン水和物
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:3

ピタバスタチンは、薬物代謝酵素による代謝をほとんど受けないので、相互作用のない薬と一時期は言われていました。

しかし、エリスロマイシン、リファンピシンとの併用により、ピタバスタチンの肝臓への取り込みが阻害されてしまうことが分かりました。
これは上記の2剤が、ピタバスタチンの肝臓への取り込みに必要なOATP1B1というトランスポーターを阻害するためです。

その結果、ピタバスタチンの血中濃度が上昇し、横紋筋融解症のリスクが高まってしまうので注意が必要となります。

2017/05/31 00:01
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
-1

ピタバスタチンはCYPでほとんど代謝されず、相互作用の少ない薬剤と考えられていました。
しかし、ピタバスタチンの肝臓への取り込みに関与している有機アニオントランスポーターOATP1B1をエリスロマイシンが阻害する事が判明しました。

肝臓への取り込みが阻害される事により、ピタバスタチンの血中濃度が上昇し、横紋筋融解症のリスクが上昇する為、添付文書が改定されました。

同様の機序(OATP1B1阻害)によりピタバスタチンスタチンとの併用に注意が必要な薬剤として、シクロスポリン、リファンピシンがあります。
(シクロスポリンは併用禁忌になっています)

よって、回答は3となります。

2014/11/19 23:58
ID : sbsbrdfeu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。