薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16720問 出題

問題

64歳男性。大腸がんのため腫傷摘出手術を受けた。
その後、外来にてオキサリプラチン・カペシタビン療法を半年間続けている。

薬剤師が患者と面談中「最近、朝の洗顔時、水が手先にぴりっとくることがあります。また、手足の皮層が硬くなり、ひび割れが起きました。」との訴えがあった。

この患者の症状の原因として、最も可能性が高いのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
オキサリプラチンによる骨髄抑制に伴う症状
 2 . 
オキサリプラチンによる末梢神経障害
 3 . 
カペシタビンによる手足症候群
 4 . 
カペシタビンによる下肢浮腫
 5 . 
カペシタビンによる皮層粘膜眼症候群

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:3
オキサリプラチンの代表的な副作用としては、腎毒性、嘔吐、骨髄抑制、内耳障害が知られています。

カペシタビンは副作用として、手足症候群を起こす可能性があると言われています。手足症候群は、ピリピリ感、しびれなどの末梢神経症状や、ひび割れ、手足の皮膚が硬くなるなどの角化症状を起こします。

よって選択肢3が正解と考えられます。




評価後のアイコン
2017/06/02 04:26
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1、誤りです。
白血球減少等の骨髄抑制の症状はあらわれていません。

2、誤りです。
「水が手先にぴりっとくることがあります」は末梢神経障害と捉えることもできますが、「手足の皮層が硬くなり、ひび割れが起きました」という皮膚の角化症状は末梢神経障害だけでは説明できません。

3、可能性は高いです。
手足症候群は末梢神経症状、角化症状を生じます。
カペシタビンは手足症候群の発現頻度が高いだけでなく、日常生活に支障をきたすほど重篤な症状が出る場合があります。

4、誤りです。
下肢浮腫の症状はあらわれていません。

5、誤りです。
皮膚の紅斑、水泡、びらん等の皮膚粘膜眼症候群の症状はあらわれていません。
評価後のアイコン
2014/11/21 22:13
ID : sbsbrdfeu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。