薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16763問 出題

問題

44歳の女性が薬局を訪れ、家族のための常備薬として、以下の一般用医薬品の購入を希望した。
薬局での情報収集により、家族構成は夫45歳、長女22歳、長男10歳の4人家族であることがわかった。

有効成分(1錠中)
アスピリン500mg
成人服用量1回1錠

この女性に対する本剤の注意点の説明として、誤っているのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
他の解熱鎮痛薬と同時に服用しないでください。
 2 . 
長男が用いる時は1回半錠とし、1錠は服用しないでください。
 3 . 
胃・十二指腸漬傷の治療を受けている人は、服用しないでください。
 4 . 
服用前後は飲酒をしないでください。
 5 . 
出産予定日12週以内の妊婦は、服用しないでください。

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
2:誤りです。アスピリンは15歳未満の小児には服用しないことになっています。
小児に解熱鎮痛薬を用いる場合は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を避け、アセトアミノフェンを使用します。

4:アルコールによりアスピリンの作用が増強され、アスピリンの副作用である胃粘膜障害を引き起こしやすくなります
評価後のアイコン
2015/02/11 20:51
ID : tbmoorvfu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:2

1 アスピリンは他の解熱鎮痛剤などと併用はできません。副作用が強く出るおそれがあります。

2 アスピリンは15歳未満の小児には投与できません。

3 胃や腸に負担をかけ、出血を助長するおそれがあるため、胃・十二指腸潰瘍の患者は服用できません。

4 多量の飲酒により胃潰瘍や肝障害のリスクが高まるため、アスピリンの服用前後は飲酒をしてはいけません。

5 出血傾向を強めるため、出産予定日12週以内の妊婦には投与できません。
評価後のアイコン
2017/07/29 03:42
ID : vycbkjhj
評価する
0
評価しない
【答え】2

【選択肢に対する説明】
 1:正.記載の通りです。

 2:誤.アスピリンは15歳未満の小児には服用しないことになっています。小児に解熱鎮痛薬を用いる場合は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を避け、アセトアミノフェンを使用します。
 
 3:正.記載の通りです。
 
 4:正.アスピリンにより胃腸障害にアルコールによる胃粘膜障害が加わり、消化管出血が増強される恐れがあります。
 
 5:正.記載の通りです。
評価後のアイコン
2016/09/30 07:53
ID : stygaxnzvy
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。