過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

56歳男性。以前より内科で処方されているワルファリンカリウム錠を服用している。以前の服薬指導時には、何も問題はなかったが、今回の来局時に「2日前から歯磨き時に歯茎の出血が止まりにくくなった。」との訴えがあった。出血の原因として疑われるのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
シメチジン含有の一般用医薬品の服用
 2 . 
クロレラの摂取
 3 . 
イコサペント酸エチル含有のサプリメントの摂取
 4 . 
納豆の摂取
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】1,3

【ワルファリンの特徴】
 ・分類:ワルファリンは抗凝固薬に属します。

 ・作用機序:ビタミンKの作用に拮抗し肝臓におけるビタミンK依存性凝固因子の生合成を抑制します。(そのため、ビタミンKが過剰に存在するとワーファリンの効果が抑制されます。)

 ・分布:血漿タンパク結合率が97%と非常に高いです。

 ・代謝:ワルファリンはCYP2C9で代謝されます。

【選択肢に対する説明】
 1:正.シメチジンはCYP2C9を含め多くのCYPを阻害します。そのため、CYP2C9によるワルファリンの代謝を阻害し、出血傾向が亢進します。

 2:誤.クロレラはビタミン K が過剰に含まれるため、ワルファリンの作用が減弱され、出血傾向は抑制されます。その他、ビタミン K が過剰に含まれる食品に納豆があります。

 3:正.EPAにも抗凝固作用があるため、相乗効果により出血傾向が亢進する可能性があります。

 4:誤.納豆もクロレラと同様です。

2016/09/30 08:17
ID : stygaxnzvy
0

1:正解です。
シメチジン(H2受容体遮断薬)は全CYPを阻害します。
よってCYP2C9で代謝されるワルファリンがシメチジンとの併用により代謝されず、結果出血傾向が増強されます。

2:誤りです。
ワルファリンはビタミンK依存性凝固因子を阻害する抗凝固薬です。
したがってビタミンKを多く含むクロレラを摂取するとワルファリンの作用は減弱し出血傾向は抑制されます。

3:正解です。EPAは血液をサラサラにする抗凝固作用を有するため、相乗効果により出血傾向が増強されます。

4:誤りです。納豆もクロレラと同じくビタミンKを多く含む食品ですので出血傾向は抑制されます。

2015/04/14 16:30
ID : tbmoorvfu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。