過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10329問」を出題

問題

[ 設定等 ]
片麻痺のある人が自走用標準型車いすを自分で操作しやすくする方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
背もたれの高さを肩の高さと同じにする。
   2 .
健側のブレーキレバーを延長する。
   3 .
肘当ての高さを介護用グリップの高さと同じにする。
   4 .
肘当てをデスクタイプにする。
   5 .
健側足底部が床に着くように、座面の高さを設定する。
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 障害の理解 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
49
評価しない
正解は5です。
健側足底部が床につくことで、健足を使って車いすを動かすことができます。それだけでなく、安全だったり、介助する人も効率的だったりと意味のあることです。

各選択肢については、以下のとおりです。
1→背もたれの高さは、座面から肩甲骨までの高さが標準です。背もたれの高さを高くしても操作はしやすくなりません。
2→片麻痺がある場合、患側のブレーキレバーを延長します。
3→肘あての高さは、座面から肘までの高さが標準です。高くすると操作しにくくなります。
4→デスクタイプとは、机に肘あてがあたらないように短く設定されているもののことです。目的が違うものなので、操作とは関係ありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は5です。
自走するには、健側の足が床につくことが必要ですね。もし他の解答文の意味が良くわからなくても、5を読めばこれは正しい、とわかると思います。

1→背もたれが肩の高さまできても自走のしやすさには直接影響しません。むしろ上半身が動かしにくくなりそうですね。
2→ブレーキバーを延長するのは麻痺側です。
健側は短くても動かすのに不便はありません。
3→介護用グリップとは車いす後ろにある介護者が持つグリップのところです。その高さまで肘当てを上げてしまうと高すぎて乗りにくくなります。
4→肘当てをデスクタイプにしてしまったら自走がしにくくなります。デスクタイプだと幅をとるからです。
評価後のアイコン
評価する
16
評価しない
正解は5です。

自走型標準型車いす、ということですので、片麻痺のある方が自分で動かすには、手でホイールを回すよりも動く方の足で漕ぐ形になるということが想像できます。

そうなると、足の裏がつかないと有効な力がかからずに前に進まず、場合によって足を巻きこんでけがをすることになりますので、5が正解であることがわかります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。