過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 家政学概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高齢者や障害者の住環境に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
シルバーハウジングの生活援助員は、日常的な身体介護を主たる業務とする。
 2 . 
ユニット型特別養護老人ホームは、簡易な流し・調理設備を設けた共同生活室をユニット単位で整備する事が望ましい。
 3 . 
介護保険制度による、住宅改修費は、9割相当額が前払いで支給される。
 4 . 
「誰にとっても使いやすい」ユニバーサルデザインの考え方は、「障壁を除去する」バリアフリーの考え方より先に普及した。
 5 . 
特別寝台は、介護保険における福祉用具購入費の支給の対象となる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
9

1、× シルバーハウジングの生活援助員は、日常の生活指導・安否確認・緊急時の対応などを業務とする。

2、〇 ユニット型特別養護老人ホームは、簡易な流し、調理設備を設けた共同生活室をユニット単位で整備する。

3、× 介護保険制度による住宅改修費用は9割が償還払いで支給される。

4、× ユニバーサルデザインの考えはバリアフリーの考えによって普及した。

5、× 特殊寝台は、介護保険における福祉用具貸与の対象。

2014/08/17 17:21
ID : jjuehzgo
1

正解は 2 です。

ユニット型特別養護老人ホームのメリットは、個室で入居者のプライバシーや尊厳を守りつつ、共同スペースで顔なじみの交流が出来る事にあります。
お茶やお茶菓子が用意出来るくらいの簡単な流しや調理設備を整備する事で、交流をより円滑にする効果が望めます。

2014/12/18 15:03
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。