介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10825問 出題

問題

視覚障害のある人の手引き歩行の援助に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
溝をまたいで越えるときは、利用者の後に渡る。
 2 . 
ドアのある場所を通るときは、利用者を先に通す。
 3 . 
座席に誘導するときは、利用者にいすの脚を触らせる。
 4 . 
階段を上るときは、利用者の後ろを歩く。
 5 . 
狭い道路を通るときは、介助者が腕を自分の背中に回して利用者の前から誘導する。

この介護福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
14
評価しない
介助者は、視覚障害のある人の半歩前に立ち、視覚障害者に肘の上を握ってもらいます。介助者は常に視覚障害者の前を歩くように介助します。視覚障害者にとっては、後からついて歩いていく方が安心だからです。

ですから、必然的に1,2,4は間違いであることが分かります。3は椅子の足ではなく、背を触らせます。
評価後のアイコン
2014/12/17 20:05
ID : paksxhpn
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は5です。
視覚障害のある方の歩行介助を行うときには基本、介助者が肘あたりを摑まってもらい斜め前方に立ちます。狭い道では2人横に並んでいるような状態で歩くと危険であり5のように一列に並ぶように歩くと視覚障害のある方も安心して狭い道を歩くことができます。
評価後のアイコン
2016/04/05 22:18
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。