過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ホルモンに関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
バソプレシンは、下垂体の前葉から分泌される。
 2 . 
副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は、カテコールアミン分泌を促進する。
 3 . 
アルドステロンは、尿へのカリウム排泄を増加させる。
 4 . 
原発性甲状腺機能低下症では、血中甲状腺刺激ホルモン(TSH)が低下している。
 5 . 
甲状腺ホルモンは、血清コレステロール値を上昇させる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1


1.× バソプレシンは、下垂体後葉から分泌されるホルモンです。腎臓における水分の再吸収を促進し、尿量を減らします。

2.× 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は、脳下垂体前葉から分泌され、副腎皮質ホルモンの分泌を促進します。
カテコールアミンは副腎髄質より分泌されるホルモンでアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンが該当します。

3.○ アルドステロンは、副腎皮質から分泌されます。尿へのカリウム排泄を増加させ、ナトリウムの再吸収を促進します。

4.× 原発性甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモンの低下により、血中甲状腺刺激ホルモン(TSH)は増加します。

5.× 甲状腺ホルモンは、チロキシン、トリヨードチロニンと呼ばれ代謝亢進や成長促進に関与しています。
血清コレステロール値は低下させます。

よって正解は3です。

2015/12/14 15:19
ID : rwxunyjf
0

正解は 3 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/内分泌系からの出題です。

1.バソプレシンは下垂体後葉から分泌されます。

2.カテコールアミンに属するアドレナリンやノルアドレナリンは副腎髄質から分泌されます。副腎皮質刺激ホルモンによって分泌が促進されるのはコルチゾールです。

3.記載の通りです。アルデステロンはナトリウムの再吸収を高め、カリウム排泄を増加させます。

4.原発性甲状腺機能低下症では、血中甲状腺刺激ホルモンが増加しています。

5.甲状腺ホルモンは血清コレステロール値を低下させるため、甲状腺機能低下症では血清コレステロール値が上昇します。

2016/05/10 10:12
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。