管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15753問 出題

問題

食事調査に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 国民健康・栄養調査では、個人単位の摂取量を比例案分法で求める。
  b 食物摂取頻度調査法は、スタンダードとして用いる。
  c 24時間思い出し法は、症例対照研究に用いる。
  d 陰膳法は、五訂増補日本標準食品成分表に収載されていない成分の摂取量が把握できる。
 1 . 
bとc
 2 . 
aとd
 3 . 
aとc
 4 . 
cとd
 5 . 
aとb
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
b.スタンダードとして用いるのは、24時間思い出し法や食事記録法です。

c.24時間思い出し法は、症例対照研究には適さないです。
評価後のアイコン
2015/07/13 22:55
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
a. 国民健康・栄養調査では、栄養摂取状況調査を秤量目安記録法によって世帯と個人の食品及び栄養素摂取量、欠食や食事状況を把握します。世帯で食べたものを各世帯員と残菜に案分比率を用いて振り分けるので正となります。

b. 食物摂取頻度法は限定された期間の中でどの程度の頻度で目的とする食物を摂取したかを推定する方法で、習慣的な摂取頻度を申告します。24時間思い出し法や食事記録法のことをゴールド・スタンダードと呼ぶので誤となります。

c. 24時間思い出し法は、24時間内に摂った食事を思い出してもらい調査する方法で、栄養士が面接を行い聞き取りを行います。集団の平均摂取量を得るために適しています。症例対照研究(疾病に罹患した集団と罹患していない集団を対象に曝露要因を観察調査し比較する)するには適していませんので誤となります。

d. 陰膳法は、実際に摂取した食事と同じものを科学的に分析し、摂取栄養素量を推定する方法です。実際の食事を分析するので五訂増補日本標準食品成分表に収載されていない成分の摂取量を把握することができます。よって正となります。

よって正解は、2. aとd となります。
評価後のアイコン
2016/06/30 23:08
ID : ftvfcgqaq
評価する
-1
評価しない
a.国民健康・栄養調査では、世帯単位で測定後、比例案分法で個人単位の摂取量を求めます。
よって、正しい答えとなります。

b.食物摂取頻度調査法は、食事記録法や24時間思い出し法で食事調査を行うため、スタンダードとして用いません。

c.24時間思い出し法は、一時点の調査である横断研究に用いることができ、症例対照研究には用いません。

d.陰膳法は、被調査者が実際に食べたものと同じ料理を科学的に分析する方法で、現在では、日本食品標準成分表2010に収載されていない成分の摂取量の把握をするために用いられています。
よって、正しい答えとなります。

上記より、正しい答えの組合せは、2番のaとdです。
評価後のアイコン
2017/06/01 20:19
ID : hvhomzxu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。