過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

呼吸器疾患の病態に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 未熟児の呼吸窮迫(促迫)症候群では、肺サーファクタントの欠乏がみられる。
  b 過換気症候群の発作時には、動脈血炭酸ガス分圧が上昇している。
  c 肺気腫では、最初の1秒間で呼出できる気量が増加している。
  d 一酸化炭素中毒では、ヘモグロビンの酸素運搬能力が低下している。

 1 . 
aとb
 2 . 
aとc
 3 . 
aとd
 4 . 
bとc
 5 . 
cとd
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

b.過換気症候群の発作時には、動脈血炭酸ガス分圧が低下しています。

c.肺気腫では、1秒率は低下します。

2015/07/07 20:15
ID : eeckczncj
1

a.肺サーファクタントは、肺胞の表面張力を減少させる物質で、欠乏すると、肺胞の伸展が妨げられ、呼吸障害を起こします。胎児では肺の成熟とともに肺胞上皮Ⅱ型細胞からサーファクタントを産生するようになるため、未熟児では肺サーファクタントが
少なく、呼吸窮迫症候群を発症します。
よって、正しい答えとなります。

b.過剰な換気により、体内の炭酸ガスが呼出され、動脈血炭酸ガス(二酸化炭素)分圧が低下して、呼吸性アルカローシスとなります。

c.肺気腫は閉塞性換気障害に分類され、1秒率(最大努力で呼出した最初の1秒間の気量の肺活量に対する割合)が低下します。

d.一酸化炭素は酸素よりも200倍以上も強くヘモグロビンと結合するため、血液の酸素運搬能を阻害します。
よって、正しい答えとなります。

上記より、正しい組合せは3番のaとdです。

2016/09/04 14:19
ID : hvhomzxu
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。