調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

調理師の過去問 第14956問 出題

問題

栄養素の消化酵素に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
 1 . 
ペプシンは、脂肪を分解する。
 2 . 
トリプシンは、たんぱく質を分解する。
 3 . 
リパーゼは、でんぷんを分解する。
 4 . 
α-アミラーゼは、ラクトース(乳糖)を分解する。

この調理師 過去問の解説(3件)

評価する
57
評価しない
正解は(2)です。

それぞれの消化酵素が、どの栄養素を分解するのか、整理して覚えておきましょう。

アミラーゼ(唾液) - でんぷんを分解
ペプシン(胃) - たんぱく質を分解
トリプシン(すい臓) - たんぱく質を分解
リパーゼ(すい臓) - 脂肪を分解
評価後のアイコン
2014/07/12 00:22
ID : nqefpnql
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は(2)です。

消化酵素とは、消化に用いられる酵素であり、それぞれ分解される栄養素によって、
炭水化物分解酵素、たんぱく質分解酵素、脂肪分解酵素の3種類に分けられます。

口—唾液—炭水化物分解酵素「アミラーゼ」でんぷんを麦芽糖へ

胃—胃液—たんぱく質分解酵素「ペプシン」たんぱく質をペプトンへ

膵臓—膵液—炭水化物分解酵素「膵アミラーゼ」でんぷんを麦芽糖へ
     —たんぱく質分解酵素「トリプシン」たんぱく質をペプトンへ
     —たんぱく質分解酵素「キモトリプシン」たんぱく質をペプトンへ
     —脂肪分解酵素「リパーゼ」脂肪を脂肪酸とグリセリンへ

小腸—腸液—炭水化物分解酵素「スクラーゼ」ショ糖をブドウ糖へ
     —炭水化物分解酵素「マルターゼ」麦芽糖をブドウ糖へ
     —炭水化物分解酵素「ラクターゼ」乳糖をブドウ糖へ
     —たんぱく質分解酵素「アミノペプチターゼ」ポリペプチドをアミノ酸へ

(1)誤りです。ペプシンは、胃液に含まれるたんぱく質分解酵素であり、たんぱく質を分解します。脂肪を分解するのは、膵液に含まれるリパーゼです。

(2)正解です。トリプシンは、膵液に含まれるたんぱく質分解酵素であり、たんぱく質を分解します。

(3)誤りです。リパーゼは、膵液に含まれる脂肪分解酵素です。でんぷんを分解するのは、唾液に含まれるアミラーゼや、膵液に含まれる膵アミラーゼです。

(4)誤りです。アミラーゼは、唾液や膵液に含まれる炭水化物分解酵素であり、でんぷんを分解します。ラクトース(乳糖)は炭水化物ですが、小腸に到達するまで分解されず、腸液に含まれる炭水化物分解酵素である、ラクターゼにより分解されます。
評価後のアイコン
2015/05/20 14:29
ID : yctvybowqd
評価する
3
評価しない
正解は 2 です。

主な消化酵素の、消化器官ごとの消化酵素とその作用は覚えましょう。

口腔(だ液):だ液アミラーゼ(プチアリン)=デンプンを麦芽糖(マルトース)に分解

胃(胃液):ペプシン=タンパク質をペプトン、プロテオースに分解

十二指腸(胆のう):胆汁=脂質の乳化作用(補助)

十二指腸(膵液):トリプシン、キモトリプシン=タンパク質、ペプトン、プロテオースをポリペプチドに分解
        :カルボキシペプトダーゼ=ポリペプチドをアミノ酸に分解
        :アミロプシン(膵液アミラーゼ)=デンプンを麦芽糖に分解
        :ステアプシン(膵液リパーゼ)=脂肪を脂肪酸、モノグリセリド、グリセロールに分解

小腸(腸液):マルターゼ=麦芽糖をブドウ糖に分解
      :ラクターゼ=乳糖をブドウ糖、ガラクトースに分解
      :エレプシン=ポリペプチドをアミノ酸に分解
      :シュクラーゼ(スクラーゼ)=ショ糖をブドウ糖、果糖に分解
評価後のアイコン
2015/11/06 14:13
ID : hswrgknw
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。