第一種 衛生管理者試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

免許取得が必要な作業主任者について

規模にかかわらず、危険・有害な事業場では作業主任者を選任する必要があります。作業主任者になるためには、免許取得が必須な作業、講習だけでよいものとさまざまです。ここでは、具体的な作業区分についてお話します。

作業主任者が必要な作業

以前お話した内容の復習となりますが、事業者は一定の危ない事業場では作業主任者を選任しなければなりません。

一定の事業場とは、つまり

高圧室内作業、石綿( アスベスト )を取り扱う作業、ボイラーを扱う作業、一定の放射線業務に係る作業

などです。
以上は一部で、施行令の6条には多岐にわたって記載されています。

では、細かく見ていきましょう。

免許が必要な作業

実際に携わっていなければ馴染みのない作業かもしれません。

これら以外は講習を受ければよいものなので、頭文字などで覚えてしまいましょう。

免許または技能講習修了が必要な作業

種類にもよりますが、上記の作業は免許を取るかあるいは技能講習を受けるかのどちらかが必要になります。

技能講習修了が必要な作業

これら以外にもあるので、やはり免許のみの作業を覚える方が早いでしょう。

p167214691506405824837.jpg
第一種 衛生管理者 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。