過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者「労働衛生」の過去問をランダムに出題

問題

出血及び止血法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
体内の全血液量は、体重の13分の1程度で、その約3分の1を短時間に失うと生命が危険な状態となる。
   2 .
動脈性出血は、鮮紅色を呈する拍動性の出血で、出血量が多いため、早急に、細いゴムひもなどを止血帯として用いて止血する。
   3 .
静脈性出血は、傷口からゆっくり持続的に湧き出るような出血で、通常、直接圧迫法で止血する。
   4 .
内出血は、胸腔、腹腔などの体腔内や皮下などの軟部組織への出血で、血液が体外に流出しないものである。
   5 .
間接圧迫法は、出血部位より心臓に近い部位の動脈を圧迫する方法で、それぞれの部位の止血点を指で骨に向けて強く圧迫するのがコツである。
( 第二種 衛生管理者試験 令和2年10月公表 労働衛生 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解2

1.◯
正しいです。体内の全血液量は体重の【約8%(体重の約1/13)】です。そのうち【約1/3】を短時間に失うと生命が危険な状態となります。

2.×
動脈性出血は、鮮紅色を呈する拍動性の出血で、出血量が多いため、早急に止血が必要です。まずは直接圧迫法や関節圧迫法で止血を試みます。それでも出血が止まらない場合に止血帯法を行います。なお、止血帯には幅の広い帯状のものを使います。細いものでは圧迫が不十分になったり、神経などを損傷させる可能性があるためです。

3.◯
記載のとおりです。静脈性出血は、傷口からゆっくり持続的に湧き出るような出血で、通常、直接圧迫法で止血をおこないます。

4.◯
記載のとおりです。内出血は、胸腔、腹腔などの体腔内や皮下などの軟部組織への出血で、血液が体外に流出しないもののことを言います。

5.◯
記載のとおりです。「直接圧迫法」とは出血部を直接圧迫して止血を試みる方法です。「間接圧迫法」とは出血部位より心臓より近い部位を圧迫し止血を試みる方法のことです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1:○
2:×
3:○
4:○
5:○

誤っている選択肢は2です。
動脈性出血の場合は出血量が多いため、三角巾、手ぬぐい、ネクタイなどの幅の広いものをを用いて止血します。
その他は説明文の通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。