過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

接触防護措置について

文字だけ見ると難しいです。受験勉強の時に「そういうことか」と分かりました。単語は難しいですが、中身は極端に難しい訳ではありませんのでリラックスして読んでください。

接触防護措置とは

電気設備技術基準の解釈で記載されています。

経済産業省( 旧通商産業省 )で掲載されていますが、全てを見るには時間がかかりますので、こちらでは簡単に書かせていただきます。

人が電気回路や電気設備に触れないようにすることです。

これが、簡単でわかりやすい説明になります。

ちょっとだけでも触って、感電したりしないように安全にする措置です。

感電は非常に危険です。「 痛い!」で済めばいいのですが、何日にも渡る痛みや場合によっては命の危険にもつながります。

そのような事故を未然に防ぐように対処するということです。

p12891088149404330620.jpg

接触防護措置の施設方法について

電気設備技術基準の解釈により、2つのことを守らなければなりません。

どちらも人が通る場所から手を伸ばしても、触れることのない範囲に施設します。

設備に人が接近または接触しないように、柵やへいを設けなければなりません。

設備を金属管に収めるなどの、防護措置をしなければなりません。

p1234108814950297491863.jpg

接触防護措置の施設をイラストで説明

p1069108814940589661118.jpg

実際にイラストで説明します。

一般家屋の設定のイラストです。

茶色の部分は「 床 」、灰色の部分は「 地面 」になります。

①は、床上から2.3mの所を示しています。
この破線より上に電気設備を設置します。

②は、地面から2.5mの所を示しています。
この破線より上に電気設備を設置します。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。