美容師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

パーマについて

美容室でパーマをかける際、どのくらいのウェーブにしようか悩みますよね。髪質によりウェーブの出方が違うので、パーマの施術をする美容師は苦労します。

流行り

近年の流行りは『ゆる巻き』だと思います。
昔のように強く波打ったウェーブのソバージュはあまり見かけませんね。

ゆる巻きに最適な『デジタルパーマ』も進歩を遂げ、
ストレートと同時に毛先だけパーマをかけたりすることが出来るようになりました。

技術的な進歩に伴い、薬剤の知識などを吸収していかなくてはなりません。

また、最近は自分でコテを使い巻く方が増えているので、
パーマのニーズが少し低くなってきているようです。

お店によると思いますが、
年配の女性のしっかりパーマは根強い需要があるので、このパーマは美容学校で学習した王道のパーマ技法が生かされると思います。

お客様により、時代により、求められるニーズや技術が異なりますので、
その点は大変でもあり、また楽しみでもありますね。

p10092821475462641247.jpg

パーマの出方

同じ方法でパーマをかけても、髪質によりウェーブの出方が全く違います。

カラーも同様ですが、やってみないと分からないというのも事実です。。

ただ、お客様とのトラブルの原因になりやすい部分なので、
事前にしっかりとカウンセリングを行いましょう。

もし、お客様が思い描いていた仕上がりと違っても、
しっかりとカウンセリングが出来ていると、カバーする案を提案したり、
クレームを少なくすることが出来ます。

お客様に納得していただけない場合は、
(パーマは髪の傷みが強いので)少し日を空け、パーマのかけ直しをさせていただくことも一つです。

何より、お客様に対して真摯に対応するが大切です。

美容師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。