危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保安検査ってどんな検査?

保安検査とは、一定規模以上の屋外タンク貯蔵所と移送取扱所に対して、市町村長等が行う検査です。保安検査には定期保安検査と臨時保安検査があります。

「定期」保安検査とは

危険物の「定期」保安検査は

・一定規模以上の屋外タンク貯蔵所の所有者、管理者又は占有者

・一定規模以上の移送取扱所の所有者、管理者又は占有者

を対象に

市町村長等

が行います。

定期保安検査を必要とする施設(一定規模以上の屋外タンク貯蔵所と移送取扱所)、

及び、行うのが誰か(市町村長等)と言うことは必ず覚えます。


屋外タンク貯蔵所での定期保安検査


移送取扱所での定期保安検査

「臨時」保安検査とは

臨時保安検査は

容量1,000kL以上の屋外タンク貯蔵所

でのみ行われます。

1/100以上の不等沈下発生した、又は危険物等の漏えいの恐れがあるときに行われます。

検査内容は定期検査と同様に「タンク底部の板厚・溶接部。岩盤タンクの構造・設備」となります。

p170015951511092477567.jpg
危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。