雇用形態と就業形態 | 社労士 | 社会保険労務士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

雇用形態と就業形態

求人検索をしていると、雇用形態は正社員、就業形態はフルタイム等と記載されたりしています。雇用形態と就業形態について確認しましょう。

雇用形態とは

正社員・派遣社員・契約社員・パートタイム労働者・家内労働者等の採用種別のことをいいます。

正社員・派遣社員・契約社員・パートタイム労働者、家内労働者の違は、法律では特に定めはありません。
すべてを労働者として取り扱っていますが、一般的に以下のような違いがあります。

正社員

正規の採用によって採用された、雇用期間の定めがなく、会社の定めた所定労働時間を勤務する人

派遣社員

派遣元の人材派遣会社と労働契約を締結し、派遣先に派遣され、派遣先の指揮命令の元で業務を行う人

契約社員

雇用期間が定められている人で、契約期間満了で労働契約が終了する人

パートタイム労働者

週間の所定労働時間が正社員と異なって短い人

家内労働者

家内労働法が適用される、自宅で内職をする人

就業形態とは

フルタイム・パートタイム等、どのような形で働いているかということです。

正社員・パートタイマー・アルバイト等のような呼び方( 区分 )を指している場合もあります。


フルタイムとパートタイムの違いは、一般的に、

フルタイム

会社の定めた所定労働時間が労働時間とされる人

パートタイム

会社の定めた所定労働時間より短い時間が労働時間とされる人

とされます。


なお、厚労省の「 就業形態の多様化に関する総合実態調査 」では、正社員と、それ以外の

  • 出向社員
  • 契約社員( 専門職 )
  • 嘱託社員( 再雇用者 )
  • パートタイム 労働者
  • 臨時労働者
  • 派遣労働者( 受け入れ )
  • その他

を合わせて「 正社員以外 の労働者 」としているようです。

また厚労省は、雇用形態を

  • 派遣労働者
  • 契約社員
  • パートタイム労働者
  • 短時間正社員
  • 業務委託( 請負 )契約を結んだ人
  • 家内労働者
  • 在宅ワーカー

等があるとしています。

雇用形態と就業形態を整理して、ぜひ求人検索のときなどに活かしてください。

この授業に関連した授業
社労士 | 社会保険労務士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。