過去問.com

普通自動車免許 学科試験    自動車免許 過去問 | 無料の過去問題

問題

消防用機械器具の置場、消防用防火水槽、これらの道路に接する出入口から5m以内の場所は駐停車禁止である。

 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない
この自動車免許 過去問の解説(2件)
4

「消防用機械器具の置場、消防用防火水槽、これらの道路に接する出入口から5m以内の部分」は「駐車禁止」です。

その他、駐車禁止の場所
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/chusya/cihan.htm

駐停車禁止の場所はこちら
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/chusya/ctihan.htm


※駐車と停車の違い
【駐車】
1.人待ち・荷待ちによる停止
2.故障による継続的な停止
3.5分を超える荷物の積み降ろしによる停止
4.車から離れるなど、すぐに運転できない状態での停止

【停車】
1.人の乗り降りのための停止
2.5分以内の荷物の積み降ろしによる停止
3.車から離れない状態での停止
4.車から離れていてもすぐに運転できる状態での停止

2014/05/15 21:43
ID : httzvqnx
付箋メモを残すことが出来ます。
0

消防用機械器具の置場,消防用防火水槽,これらの道路に接する出入口から5m以内の場所は,「駐車」禁止です。運転者がすぐに運転できる状態での短時間の停止である「停車」は禁止されていません。

車は,以下の場所では「駐車」してはいけません。ただし,公安委員会の定めるところにより警察署長の許可を受けたときは駐車することができます。

[駐車禁止の場所]
①「駐車禁止」の標識若しくは標示がある場所
②火災報知器から1m以内の場所(火災報知器は周囲に1mの隙間があれば押せる)
③車庫や駐車場などの,自動車専用の出入り口から3m以内の場所
④道路工事が行われている場合における,当該工事区域の側端から5m以内の部分
⑤消防用機械器具の置場や消防用防火水槽の側端またはこれらの道路に接する出入口から5m以内の部分
⑥消火栓や指定消防水利の標識が設けられている位置または消防用防火水槽の吸水口若しくは吸管投入孔から5m以内の部分
⑦駐車する場合に,「当該車両の右側の道路上」に3.5m(道路標識等により距離が指定されているときは,その距離)以上の余地がないこととなる場所(無余地駐車)
【法的根拠】道路交通法第45条

★駐車禁止の場所の覚え方
「工事」(5m)の家の「車庫」(3m)が「火事」(1m/5m)で駐禁

2015/03/13 03:41
ID : tggzqpftgx
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 普通自動車免許の授業
  • まだ、授業がありません。
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この自動車免許 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。