普通自動車免許の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

自動車免許の過去問 第11812問 出題

問題

警笛区間の標識がある区間内で、見通しのきかない上り坂の頂上を通るときには警音器を鳴らさなければならない。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない

この自動車免許 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
「警笛区間」の標識があり、且つ以下3つのいずれかの場所の場合は、警笛(クラクション)を鳴らさなければなりません。

1.左右の見通しがきかない交差点
2.見通しのきかない道路の曲がり角
3.見通しのきかない上り坂の頂上付近

つまり、左右の見通しが「きく」交差点や、見通しが「きく」曲がり角ではクラクションを鳴らしてはいけないということです。
評価後のアイコン
2014/05/28 17:33
ID : httzvqnx
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
警笛区間では、見通しのきかないまがり角、見通しのきかない上り坂の頂上、見通しのきかない交差点で警音器を鳴らさなければいけません。

これらの場所でも、見通しがきく場合は警音器を鳴らしてはいけません。
評価後のアイコン
2017/05/28 19:57
ID : yukayrqnf
評価する
0
評価しない
正解は「1」の「○」です。

相手に自分の存在を知らせる為に鳴らします。

頂上付近では位置関係上、他の車の存在が見えにくいので、
こちらから事前に注意を促しましょう。
評価後のアイコン
2015/03/24 11:02
ID : rhqafrzjt
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この自動車免許 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。