過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21095問」を出題

問題

[ 設定等 ]
事業者の行う土止め支保工に関する記述のうち、労働安全衛生規則上、誤っているものはどれか。
   1 .
土止め支保工を組み立てるときは、あらかじめ、組立図を作成し、かつ、当該組立図により組み立てなければならない。
   2 .
切りばり及び腹おこしは、脱落を防止するため、矢板、くい等に確実に取り付ける。
   3 .
土止め支保工の部材の取付けにおいては、火打ちを除く圧縮材の継手は重ね継手としなければならない。
   4 .
中間支持柱を備えた土止め支保工にあっては、切りばりを当該中間支持柱に確実に取り付ける。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
労働安全衛生規則
(部材の取付け等)
第三百七十一条 事業者は、土止め支保工の部材の取付け等については、次に定めるところによらなければならない。
一 切りばり及び腹おこしは、脱落を防止するため、矢板、くい等に確実に取り付けること。
二 圧縮材(火打ちを除く。)の継手は、突合せ継手とすること。
三 切りばり又は火打ちの接続部及び切梁と切梁との交さ部は、当て板をあててボルトにより緊結し、溶接により接合する等の方法により堅固なものとすること。
四 中間支持柱を備えた土止め支保工にあつては、切りばりを当該中間支持柱に確実に取り付けること。
五 切りばりを建築物の柱等部材以外の物により支持する場合にあつては、当該支持物は、これにかかる荷重に耐えうるものとすること。

1.設問のとおりです。組立図には部材の配置、寸法、材質、取付の時期及び順序の明示をします。
2.設問のとおりです。腹起しは、土留め壁からの土圧を受け止め、切梁に均等に荷重を伝達させます。
3.誤りです。土留め支保工の部材は「突き合わせ継手」としなければなりません。
4.設問のとおりです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。