過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術「令和2年度」の過去問を出題

問題

土の原位置試験における「試験の名称」、「試験結果から求められるもの」及び「試験結果の利用」の組合せとして、次のうち適当なものはどれか。
   1 .
RI計器による土の密度試験 ――― 土の含水比 ――― 地盤の許容支持力の算定
   2 .
平板載荷試験 ――――――――― 地盤反力係数 ―― 地層の厚さの確認
   3 .
ポータブルコーン貫入試験 ――― 貫入抵抗 ―――― 建設機械のトラフィカビリティーの判定
   4 .
標準貫入試験 ――――――――― N値 ―――――― 盛土の締固め管理の判定
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 令和2年度 選択問題 問1 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
-2
評価しない

【正解は3です】

1→誤りです。

RI計器による土の密度試験では、土の含水比のほかに乾燥密度や湿潤密度を求めることができ、盛土等の締固め度の判定等が行えますが、地盤の許容支持力を算定することはできません。

地盤の許容支持力を求めるには、標準貫入試験を行い、N値を求めることにより算定できます。

2→誤りです。

平板載荷試験では、地盤の反力係数を求めて支持力の算定をすることはできますが、地盤の厚さの確認はできません。

地層の厚さを確認するには、ボーリング調査を実施してサンプルを採取する必要があります。

3→正しいです。

問題文の通り、ポータブルコーン貫入試験では、地盤の貫入抵抗から地盤の硬さの目安のコーン指数を求めることにより、建設機械のトラフィカビリティー(建設機械の走行性)を判定できます。

4→誤りです。

標準貫入試験では、N値を求めて、地盤の許容支持力を求めることができますが、盛土の締固め管理の判定はできません。

盛土の締固め管理の判定は、RI計器による土の密度試験(最も一般的な方法です)により土の含水比を求めることで行うことができます。その他、含水比試験により水と土粒子の質量比を求めることにより判定することもできます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。