第一種 衛生管理者試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

衛生管理者および産業医の選任について

事業者は、事業場の人数に応じて衛生管理者や産業医を選任しなければなりません。ざっくりいうとどちらも、労働者を「50人以上」使用の場合ですが、衛生管理者の方が細かく区切られています。ここでは具体的な数字についてご説明します。

業種問わず、常時50人以上の事業場で選任する必要があります。

キーワードは、「すべての業種」「50人以上」です。
統括安全衛生管理者は業種ごとに選任人数が異なるので、上記二点をおさえましょう。

それではまず、衛生管理者についてご説明します。

そもそもなぜ衛生管理者を選任しなければならないのでしょうか。

労働安全衛生法には、このように書かれています。

『事業者は、政令で定める規模の事業場ごとに、・・・(略)・・・衛生管理者を選任し、その者に総括安全衛生管理者が総括管理する業務のうち衛生に係る技術的事項を管理させなければならない。(法12条)』

つまり、職場の衛生管理を任される統括安全衛生管理者のサポートです。
何百人もいる事業場を、統括安全衛生管理者ひとりで管理するのは大変なので、労働者の人数が多ければ多いほど、たくさんサポート役が必要になるのです。

では、具体的な数字を見ていきましょう。

常時  50人~200 人 ・・・ 1人以上選任
常時 201人~500 人 ・・・ 2人以上選任
常時 501人~1000人 ・・・ 3人以上選任
常時1001人~2000人 ・・・ 4人以上選任
常時2001人~3000人 ・・・ 5人以上選任
常時3001人~      ・・・ 6人以上選任

すぐに覚えられそうで覚えられない区分ですね。
一番左の数の頭「5・2・5・1・2・3」のみであれば覚えやすいかもしれません。

p992145315060079871663.jpg

産業医を選任する理由は?

法13条にこうあります。

『事業者は、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに、医師のうちから産業医を選任し、その者に労働者の健康管理その他の厚生労働省令で定める事項(労働者の健康管理等)を行わせなければならない。』

職場で働く人たちの健康管理のためには医者の知識も必要ということですね。

産業医の選任人数は簡単です。

常時  50人以上 ・・・ 1人以上選任
常時3000人超  ・・・ 2人以上選任
(=3001人以上)

「50人以上」「3000人超」の二種類だけ覚えてしまえば完了です。
ただし「超」がややこしいので、衛生管理者の人数と合わせて「30001人以上」と覚えてしまうのもアリです。

第一種 衛生管理者 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。