過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者「労働衛生」の過去問を出題

問題

事務室における必要換気量Q(m3/h)を算出する式として、正しいものは1~5のうちどれか。ただし、AからDは次のとおりとする。

A 室内二酸化炭素濃度の測定値(%)
B 室内二酸化炭素基準濃度(%)
C 外気の二酸化炭素濃度(%)
D 在室者全員が呼出する二酸化炭素量(m3/h)
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
   5 .
回答選択肢の画像
( 第二種 衛生管理者試験 平成26年10月公表 労働衛生 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
22
評価しない
正解 5

作業場内に在室する大人1人に対して、身体衛生上において入れ換える必要がある空気の量を必要換気量といいます。㎥/hで表します。

本問の必要換気量Q(㎥/h)=
 在室者全員が呼出する二酸化炭素量(㎥/h)÷
 {(室内二酸化炭素基準濃度(%)-(外気の二酸化炭素濃度(%)×100}
 本公式で求められることになります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
「必要換気量の算出」に関する問題です。

必要換気量とは、作業場内で衛生管理上、入れ替える必要がある空気量のことをいいます。

必要換気量Qを算出する計算式は、次のとおりです。

 Q=(在室者全員が呼出する二酸化炭素量)÷((室内二酸化炭素基準濃度-外気の二酸化炭素濃度)×100
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は5です。

必要換気量とは室内の空気を衛生的に保つために最低限必要な換気量のことをいいます。

事務室では室内に何人いるかによって、呼気量が変わります。呼気には二酸化炭素が含まれているためこれを考慮しなければなりません。室内の二酸化炭素の基準濃度がどのくらいなのか。それを上回れば当然換気が必要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。