過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種 衛生管理者「労働生理」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 80
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 80
クリア
呼吸に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 1 . 
呼吸運動は、気管と胸膜の協調運動によって、胸郭内容積を周期的に増減させて行われる。
 2 . 
肺胞内の空気と肺胞を取り巻く毛細血管中の血液との間で行われるガス交換は、外呼吸である。
 3 . 
成人の呼吸数は、通常、1分間に16~20回であるが、食事、入浴や発熱によって減少する。
 4 . 
呼吸に関与する筋肉は、間脳の視床下部にある呼吸中枢によって支配されている。
 5 . 
血液中に二酸化炭素が増加してくると、呼吸中枢が抑制されて呼吸は浅くなり、回数が減少する。
( 第二種 衛生管理者試験 平成26年10月公表 労働生理 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
「呼吸」に関する問題です。

1.正しくない
 呼吸運動は、肺自体に運動能力がないため、主として「呼吸筋(肋間筋)」と「横隔膜」の協調運動によって、胸郭内容積を周期的に増減させて行われます。

2.正しい
 正しい記述です。

3.正しくない
 成人の呼吸数は、食事、入力や発熱によって「増加」します。

4.正しくない
 呼吸に関与する筋肉は、間脳の「延髄」によって支配されています。

5.正しくない
 血液中に二酸化炭素が増加してくると、呼吸中枢が刺激されて呼吸は速く深くなります。
評価後のアイコン
2018/02/26 13:46
ID : pgnqxjyr
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解 2

1. 誤りになります。
本肢は、気管と胸膜となっていますが、「呼吸筋と横隔膜」の協調運動によります。その増減により肺の伸縮が起き、呼吸ができます。常識回答になります。

2. 正しいです。
一般に言われます呼吸のことになります。説明の通りになります。

3. 誤りになります。
本肢の前半部分は、正しいです。後半の回数が減少ではなく「増加」となります。加えますと、運動や興奮時また年齢が若いほど増加します。

4. 誤りになります。
呼吸に関する筋肉は、延髄にある呼吸中枢によって支配されています。よって、誤っています

5. 誤りになります。
二酸化炭素が増加しますと、呼吸中枢が刺激され呼吸数は増加してきます。本肢の後半部は逆の表現です。よって、誤りになります。

評価後のアイコン
2018/06/01 05:52
ID : pycandcgjd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
この第二種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。