過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者「令和2年10月公表」の過去問を出題

問題

事業場の衛生管理体制に関する次の記述のうち、法令上、正しいものはどれか。
ただし、衛生管理者及び産業医の選任の特例はないものとする。
   1 .
衛生管理者を選任したときは、遅滞なく、所定の様式による報告書を、所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。
   2 .
常時2,000人を超え3,000人以下の労働者を使用する事業場では、4人の衛生管理者を選任しなければならない。
   3 .
常時50人以上の労働者を使用する警備業の事業場では、第二種衛生管理者免許を有する者のうちから衛生管理者を選任することができない。
   4 .
常時800人以上の労働者を使用する事業場では、その事業場に専属の産業医を選任しなければならない。
   5 .
常時300人を超え500人未満の労働者を使用し、そのうち、深夜業を含む業務に常時100人の労働者を従事させる事業場では、衛生工学衛生管理者の免許を受けた者のうちから衛生管理者を選任しなければならない。
( 第二種 衛生管理者試験 令和2年10月公表 関係法令 問1 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない

正解:1

1.正しい

衛生管理者を選出したときは、遅滞なく、所定の様式による報告書をもって所轄労働基準監督署長に届け出る必要があります。

2.誤り

常時2000人を超え3000人以下の労働者を使用する事業場においては、【5人】の衛生管理者を選出する必要があります。

3.誤り

警備業の事業においては、第二種衛生管理者資格保持者の中から衛生管理者を選出することが可能です。

第一種衛生管理者資格が必要な業種は、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、農林水産業、製造業、鉱業、建設業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業が該当します。

4.誤り

常時【1000人】以上の労働者を使用する事業者において、専属の産業医を選任する必要があります。

5.誤り

衛生工学衛生管理者を衛生管理者として必ず選任しなければいけないのは、【常時500人以上の労働者を使用する事業場で坑内労働をさせる】場合や、【常時500人以上の労働者を使用する事業場で常時30人以上の労働者を有害業務に従事させている】場合が該当します。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。