過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者「平成27年4月公表」の過去問をランダムに出題

問題

睡眠に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
睡眠中には、副交感神経系の働きが活発になる。
   2 .
睡眠中のエネルギー消費量が、基礎代謝量である。
   3 .
睡眠中には、体温の低下、心拍数の減少がみられる。
   4 .
睡眠と覚醒のリズムのように、約1日の周期で繰り返される生物学的リズムをサーカディアンリズムといい、このリズムの乱れは、疲労や睡眠障害の原因となる。
   5 .
夜間に働いた後の昼間に睡眠する場合は、一般に、就寝から入眠までの時間が長くなり、睡眠時間が短縮し、睡眠の質も低下する。
( 第二種 衛生管理者試験 平成27年4月公表 労働生理 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
15
評価しない
誤っているものは2です。
文中の「基礎代謝量」が誤りで、正しくは「睡眠時代謝量」です。

ちなみに基礎代謝とは、生命維持に必要な最小限のエネルギーのことで、具体的には安静時の呼吸、心臓を動かす、体温維持といったことにつかわれるエネルギーです。

他の選択肢については、文のとおりで正しいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解 2

1 記述の通りです。副交感神経の活発化を迎える夜間に、睡眠をとれば高質な睡眠効果が得られます。

2 誤りとなります。基礎代謝とは、生命維持に最小限必要なエネルギーの消費量をいいます。睡眠中もしかりです。

3 本記述の通りです。

4 サーカディアンリズムの定義です。そのまま、正しいです

5 人は、朝起きて昼間に活動し、夜間は就寝する動物です。昼夜逆転生活では、良質な睡眠はなく、慢性的な睡眠不足を生じます。本肢の記述の通りです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1:○
2:×
3:○
4:○
5:○

基礎代謝量は、生命活動を維持するために必要なエネルギーのことを指します。
睡眠ではなく覚醒・横臥・安静時の測定値で表されます。
よって、2が誤った選択肢です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。