過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者「平成27年10月公表」の過去問をランダムに出題

問題

ストレスに関する次のAからDまでの記述について、誤っているものの組合せは1~5のうちどれか。

A 外部環境からの刺激すなわちストレッサーは、その強度にかかわらず、自律神経系と内分泌系を介して、心身の活動を抑圧する。
B ストレス反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与している。
C ストレス反応は、個人差が大きい。
D 騒音、気温などの物理的要因が職場でのストレッサーとなることはない。
   1 .
A、B
   2 .
A、D
   3 .
B、C
   4 .
B、D
   5 .
C、D
( 第二種 衛生管理者試験 平成27年10月公表 労働生理 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
14
評価しない
正解 2

Aは、ストレッサーの記述につきまして、全般的に正しいのですが、「心身の活動を抑圧する」が誤っています。「抑圧ばかりでなく亢進」もあるからです。

Bは、副腎皮質ホルモンの関与に記述は正しいです。

Cは、ストレス反応は、多く個人差に影響がでます。正しいです。

Dは、騒音、気温など外部要因で経験されておられると思います。まさにストレッサーの要因になります。誤りの肢となります。

以上により、誤りの組合せの肢は2となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
誤っているものの組み合わせは2です。

A~Dについてそれぞれ見ていきます。

A:誤り→文中の「心身の活動を抑圧する」が誤りです。正しくは「心身の活動を抑圧させたり亢進させたりする」です。

B:正しい

C:正しい

D:誤り→「物理的要因が職場でのストレッサーになることはない」という部分が誤りです。物理的要因もストレッサーとなります。

以上より、誤っているものの組み合わせは2となります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解2

A. ×
誤りです。 外部環境からの刺激すなわちストレッサーがかかると、自律神経系や内分泌系を介して心身の活動は活性化したり、抑圧されたりします。例えば、大人数の前でのプレゼンテーションをストレッサーとして考えると、人は緊張して、心拍は上昇します。つまり身体は活性化する方向へと働きます。一方、ストレスがかかりすぎると、逆に体は自身を守ろうとして心身の活動を抑制することがあります。

B. ◯
正しい記述です。ストレス反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与しています。

C. ◯
正しい記述です。ストレス反応は個人差が大きいです。

D. ×
誤りです。騒音や気温などの物理的要因が職場でのストレッサーになることがあります。

以上から、誤りはAとDなので選択肢2が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。