過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種 衛生管理者「平成28年4月公表」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 30問 正解) 全問正解まであと30問
ストレスに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 1 . 
外部からの刺激であるストレッサーは、その強弱にかかわらず、自律神経系と内分泌系を介して、心身の活動を抑圧する。
 2 . 
ストレスに伴う心身の反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与している。
 3 . 
昇進、転勤、配置替えなどがストレスの原因となることがある。
 4 . 
職場環境における騒音、気温、湿度、悪臭などがストレスの原因となることがある。
 5 . 
ストレスにより、自律神経系と内分泌系のバランスが崩れ、精神神経科的疾患又は内科的疾患が生じる場合がある。
( 第二種 衛生管理者試験 平成28年4月公表 労働生理 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解 1

1. 誤りになります。
外部からの刺激であるストレッサーは、心身の抑圧と【亢進】にも作用します。

2. 正しいです。
神経作用は、ホルモンバランスに大きく影響されます。

3. 正しいです。
人事異動によるストレス等は典型になります。

4. 正しいです。
職場の労働環境は、全方位的にストレス原因の伏線にもなり得ます。

5. 正しいです。
いわゆるホルモンがバランスを失い、様々な疾病の要因になります。
評価後のアイコン
2018/06/10 14:28
ID : pycandcgjd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
「ストレス」に関する問題です。

1.正しくない
 ストレッサーは、「亢進」することになります。

2.正しい
 正しい記述です。

3.正しい
 正しい記述です。
 労働環境の変化は、ストレス発生要因の一つです。

4.正しい
 正しい記述です。
 職場環境がストレス発生要因の一つになることもあります。

5.正しい
 正しい記述です。
評価後のアイコン
2018/05/23 15:23
ID : pgnqxjyr
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第二種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。