過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種 衛生管理者「平成29年4月公表」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 30問 正解) 全問正解まであと30問
体温調節に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 1 . 
寒冷にさらされ体温が正常以下になると、皮膚の血管が収縮して血流量が減って、放熱が減少する。
 2 . 
高温にさらされ体温が正常以上に上昇すると、内臓の血流量が増加し体内の代謝活動が亢進することにより、人体からの放熱が促進される。
 3 . 
体温調節にみられるように、外部環境などが変化しても身体内部の状態を一定に保とうとする性質を恒常性(ホメオスタシス)という。
 4 . 
計算上、100gの水分が体重70kgの人の体表面から蒸発すると、気化熱が奪われ、体温を約1℃下げることができる。
 5 . 
放熱は、ふく射(放射)、伝導、蒸発などの物理的な過程で行われ、蒸発には、発汗と不感蒸泄によるものがある。
( 第二種 衛生管理者試験 平成29年4月公表 労働生理 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(1件)

評価する
1
評価しない
正解 2

1 皮膚血管の収縮により血流量を減らし、放熱が減少することにより、体温は下がります。自然の摂理は奥が深いですね。その通りです。

2 高温にさらされ、体温が正常以上に上昇すると、内臓の血流量が減少し、体内の代謝の活動が鈍ることにより、人体の放熱が促進されます。後半部分の記述が誤りになります。

3 生体恒常性の定義です。正しい記述となります。

4 そのまま正しい肢になります。

5 不感蒸泄は、何もしないでいても皮膚の表面から水分が出ることです。約850gの水分が1日に出ています。驚きですよね。
評価後のアイコン
2018/04/21 14:44
ID : pycandcgjd
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第二種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。