過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種 衛生管理者「平成29年10月公表」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 30問 正解) 全問正解まであと30問
ホルモン、その内分泌器官及びそのはたらきの組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。
 1 . 
コルチゾール ------ 副腎皮質 ------ 血糖量の増加
 2 . 
メラトニン -------- 副腎髄質 ------ 体液中の塩類バランスの調節
 3 . 
パラソルモン ------ 副甲状腺 ------ 血中のカルシウム量の調節
 4 . 
インスリン -------- 膵臓 ---------- 血糖量の減少
 5 . 
グルカゴン -------- 膵臓 ---------- 血糖量の増加
( 第二種 衛生管理者試験 平成29年10月公表 労働生理 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解 2

1 コルチゾールは、炭水化物、脂肪、蛋白代謝をコントロールする必須ホルモンです。副腎皮質で分泌し、血糖値を上げる。本肢の組合せは正しいです。

2 メラトニンは、松果体から分泌され、夜間分泌が上昇を迎えるホルモンです。睡眠のリズムを調整します。分泌名、はたらきともに誤っています。

3 パラソルモンは、カルシウム量の調整やリン酸の排泄増加を促すはたらきをします。分泌部位は、副甲状腺です。正しいです。

4 インスリンは、膵臓より分泌され、血糖値下げるはたらきをする唯一のホルモンです。本組合せは正しいです。

5 グルカゴンは、膵臓のランゲルハンス島で分泌され、血糖値の上昇ホルモンです。正しいです。
評価後のアイコン
2018/05/02 15:11
ID : pycandcgjd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
誤っているものは2です。

メラトニンの分泌器官は「松果体」で、そのはたらきとしては「メラニン色素細胞に働き、肌の色素を薄くする」「生殖器の発達抑制」「体内時計への関与」が挙げられます。

体液中の塩類のバランス調節を行うホルモンは「鉱質コルチコイド」です。

他の選択肢は正しい組み合わせです。
評価後のアイコン
2018/12/10 06:47
ID : tpramfzjn
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第二種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。