過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者「平成30年4月公表」の過去問をランダムに出題

問題

ホルモンとその働きに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
副腎皮質から分泌されるコルチゾールは、血糖値を上昇させる。
   2 .
副腎髄質から分泌されるアドレナリンは、血糖値を低下させる。
   3 .
副甲状腺から分泌されるパラソルモンは、睡眠と覚醒のリズムの調節を行う。
   4 .
松果体から分泌されるメラトニンは、体内のカルシウムバランスの調整を行う。
   5 .
胃粘膜から分泌されるガストリンは、胃酸の分泌を抑制する。
( 第二種 衛生管理者試験 平成30年4月公表 労働生理 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない
正解1です

1. コルチゾールは、血糖値の上昇をもたらします。正しいです。

2. アドレナリンは、血糖値を上昇させます。誤りの肢です。

3. パラソルモンは、リズムの調整ではなくカルシウム量の増加をさせる働きをします。誤りです。

4. 肢3と4は逆転しています。メラトニンが睡眠と覚醒のリズムの調整をします。よって、誤りの肢になります。

5. 胃粘膜から分泌されますガストリンは、胃酸の分泌を促進させます。誤りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は 1 です。

○ 1 . 副腎皮質から分泌されるコルチゾールは、血糖値を上昇させる。

× 2 . 副腎髄質から分泌されるアドレナリンは、血糖値を【低下→上昇】させる。

× 3 . 副甲状腺から分泌されるパラソルモンは、【睡眠と覚醒のリズムの調節→カルシウム量の増加】を行う。

× 4 . 松果体から分泌されるメラトニンは、【体内のカルシウムバランス→睡眠と覚醒のリズム】の調整を行う。

× 5 . 胃粘膜から分泌されるガストリンは、胃酸の分泌を【抑制→促進】する。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正しいものは1です。

他の選択肢は以下のとおりです。
2.文中の「血糖値を低下させる」が誤りで、正しくは「血糖値を上昇させる」です。

3.文中の「睡眠と覚醒のリズムの調節を行う」が誤りで、正しくは「体内のカルシウムバランスの調節を行う」です。

4.文中の「体内のカルシウムバランスの調節を行う」が誤りで、正しくは「睡眠と覚醒のリズムの調節を行う」です。

5.文中の「胃酸の分泌を抑制する」が誤りで、正しくは「胃酸の分泌を促進し消化を促す」です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解 1

1.◯
設問の通りです。

2.×
アドレンリンは血糖値を上昇させるので誤りです。

3.×
パラソルモンは体内のカルシウムバランスを調節します。

4.×
メラトニンは睡眠と覚醒のリズム調節を行うので誤りです。

5.×
ガストリンは胃酸の分泌を促進するので誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。