過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

接地工事の種類について

接地工事の重要性は高いです。接地工事にはたくさん種類がありますので、ご紹介しながら説明します。

接地工事の種類について

接地工事の種類は4つあります。

接地工事には、接地線の太さや接地抵抗値などの制限があります。

接地線の太さと接地抵抗値について説明します。

p88710701493435300189.jpg

接地線の太さや接地抵抗値の制限について

A種接地工事では、以下の通りです。


B種接地工事では、以下の通りです。

変圧器の高圧側又は特別高圧側の電路の1線地絡電流を I とすると、電圧 / I で接地抵抗が出ます。


求めた接地抵抗には、条件があります。


C種接地工事では以下の通りです。


D種接地工事では以下の通りです。

C種、D種接地工事は、低圧回路での地絡が起こったときに0.5秒以内に自動で回路を遮断する漏電遮断器を付けた場合には、接地抵抗値は500Ω以下で良いことになっています。

施設場所に応じた接地工事の種類について

A種接地工事の内容は以下の通りです。


B種接地工事の内容は以下の通りです。


C種接地工事は以下の通りです。


D種接地工事は以下の通りです。

p137310701493435470937.jpg
第二種電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。