過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

金属管工事で使われる工具とその用途

金属管工事では金属管を切断したり曲げたりする工具があります。どのようにして使うかなどのご説明をいたします。

金属管の切断に使う工具

金属管の切断は、以下のように行われます。

金切りのこぎりなどで切断します。

太い金属管には、パイプカッタや高速切断機を使います。

p1670107814938258451904.jpg p1692107814938258451509.jpg p1367107814938258451479.jpg p1541107814938270311023.jpg


使い方

金属管の曲げに使う工具

金属管を曲げる作業は、パイプベンダを用います。

太い金属管には、油圧式のパイプベンダを使います。

パイプベンダは物干しざおのような長いもので、てこの原理で曲げます。

p640107814938264371428.jpg

ねじ切りに使う工具

ねじ切りとは、「 ねじを作る 」ということです。

絶縁ブッシングや他の金属管などの接続で回して接続するために、切断した金属管のねじを作るものです。

p762107814938270311915.jpg

黄色で囲っている部分は、ダイスです。

ここに金属管を挟んで、ラチェットレンチのようにギコギコと押したり引いたりしてねじ切りします。


金属管のバリ取りと面取り

金属管のバリ取りと面取りでは、クリックボールにリーマを取り付けてグリグリと回すことにより面取りができます。

p39210781493827231988.jpg p184710781493827232383.jpg

金属管の加工で使用する固定器具として、万力を使います。

試験では、パイプバイスとして出題されます。

p68610781493828434402.jpg

金属管を固定するために、上にあるねじを回して固定させます。

金属管の接続に使う工具

原則としてプライヤを使用します。


実技試験で持っていくものはウォーターポンププライヤで、太い金属管で使用します。

実技試験では使いませんがパイプレンチも使用されます。

p32410781493828434207.jpg p60210781493828434553.jpg

コンクリートの壁に金属管を取り付けるために使用する工具

振動ドリルや電動ドリルを使って、穴を開けます。

手作業の時は、ジャンピングと呼ばれるキリで下穴を開けます。

カールプラグを用いてコンクリートに埋め込み、木ねじで締めることによりカールプラグが開いて頑丈に設置することができます。

p11107814938290671485.jpg
第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。