第二種 電気工事士の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

電圧の区分について

電圧には区分があります。電気設備技術基準によって危険度と実際に利用した場合により分かれております。最初の章だけは覚えてください。

電圧の区分について

電気設備技術基準の第2条に規定してありますが、

電圧には、低圧・高圧・特別高圧の3つの区分があります。


低圧の電圧範囲です。


高圧の電圧範囲です。


特別高圧の電圧範囲です。

p774109114940692181047.jpg

交流低圧の制限について

①電圧30V以下における制限

②電圧60V以下では、使用する電線や工事方法などで低圧配線としない事が可能です。

③対地電圧150Vの制限は、以下の通りです。


④電圧300Vの制限は、以下の通りです。


⑤接地工事・屋内配線工事における制限は、以下の通りです。


⑥架空電線路の制限は、以下の通りです。

高圧の制限について

600Vから7000Vでは、電線やケーブルなどの規格に差があるだけで工事の内容は同じです。

違う部分は、以下の通りです。

p241109114940750851301.jpg

特別高圧の制限について

特別高圧では、35kV・60kV・100kV・170kVの段階で施設の差があります。

上記各電圧での制限は以下の通りですが、項目のみ説明します。


特別高圧用の機器の柵の高さと柵から充電部までの距離は、下記の通りです。


さらに下記の規定もあります。

配電塔の施設や別高圧から低圧にする変圧器の1次側電圧は、35kV以下です。

アークを生じる開閉器と木製の壁の距離は、35kV以下は1mで35kVを超える場合には、2m離します。


35kV以下の架空電線路の施設に関し、下記のように規定されています。

耐張型などの支持物の施設・低高圧架空電線路との併架・架空弱電流電線との共架に制限があります。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。