過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ライティングダクト工事とは

ダクト工事にはいくつかあります。その中でも出題頻度が高いライティングダクト工事について説明します。

ライティングダクト工事の概要

ライティングダクトという言葉は、Lighting duct という英語をそのまま利用しています。

Lighting は「 点灯 」と言う意味で、duct は「 空気を送る管 」というのが直訳です。
こうやって覚えておくと楽ですね。

スポットライトなどの照明器具に使う管の工事ということになります。

ライティングダクトの施設場所は以下の通りです。

イラストを掲載しますが、カーテンレールのようなものです。
そしてカーテンレールからフックを使って電気を得るイメージです。

照明器具をカーテンのように、ある程度動かせるというメリットがあります。

一般家屋でも使用することができます( 100 V で使用 )ので、DIY ショップや家電量販店などに行くと売っていたりします。

p199110941495282530193.jpg

ライティングダクトの取り付けについて

p1668109414941491871765.jpg

こちらのイラストが、テストで出題されやすいライティングダクト工事です。

ライティングダクト工事の原則としては、以下の通りです。

ライティングダクトの接地について

金属部分が絶縁されていれば、接地工事の必要はありません。

絶縁されていない場合には、以下の通り接地工事をしないといけません。

使用電圧が、300V以下という前提です。

対地電圧が150V以下であり、ダクトの長さが4m以下の場合は接地工事を省略できます。

p2301094149415376464.jpg
第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。