過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

絶縁抵抗計と測定方法

絶縁抵抗計の仕組みと、絶縁抵抗測定の方法を学んでいきましょう。頻出とはいいがたいですが、いざという時に答えられるようにしておけば点数は確実に伸びます。

絶縁抵抗計について

絶縁抵抗の測定に用いられる、絶縁抵抗計です。

一般には、メガと呼ばれています。

低圧で使われます。

絶縁抵抗計には、E端子とL端子があります。

p94711181494387600796.jpg

電線相互間の絶縁抵抗の測定について

p194511181494385928398.jpg

電球や機器を取り外していない場合、これら負荷の抵抗値も含んでしまうために線間の絶縁抵抗の測定ができなくなります。
電球や機器は、必ず取り外しましょう。

点滅器や手元開閉器をONにしないと負荷側の漏れ電流が流れないため、正確な絶縁抵抗を測定することができなくなります。

また、絶縁不良があったとしても発見できなくなってしまいます。

電路と大地間の絶縁抵抗の測定について

p719111814943867771037.jpg

絶縁抵抗計のE端子を接地側に接続し、E端子を電路側に接続し測定します。

電球や機器類を接続したまま測定するのは、機器類の絶縁不良も同時に検出できるようにするためです。

分岐回路の開閉器などは電路ごとに絶縁抵抗を測定し、規定値以上であれば問題はありません。

電源側に近い分電盤で測定した値が規定値以上であれば、それぞれの分岐回路の測定を省略することができます。

p177411181494387600199.jpg
第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。