過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

配電方式の種類について

配電方式という言葉を見る機会が多いです。これを学習しておくと他の問題が分かりやすくなります。

単相2線式について

単相2線式は、1Φ2Wと表記され、使用電圧は100Vです。

一般家庭でのコンセントや照明などに接続される、電気器具の電源として利用されます。

p37711231494425145795.jpg

最近では、単相2線式は減ってきています。

単相3線式について

単相3線式は、1Φ3Wと表記され、使用電圧は100Vおよび200Vです。

今現在の一般家庭用の主流となっている配電方式です。

p111711231494427190116.jpg

単相3線式のメリットは、100Vと200Vの両方を使えることです。

照明や家電器具の100Vも使えますし、IHクッキングなどは200Vも使えます。

200Vの電路は、消費電力が高いものを使うことができます。

対地電圧が150V以下なのに200Vを使えるというのが特徴です。

また、中性線に過電流遮断器を付けてはいけません。

中性線が切れると100Vの負荷にかかっている電圧が上がり、加熱して壊れる危険があります。

三相3線式、三相4線式について

三相3線式は、3Φ3Wと表記され、使用電圧は200Vです。

小規模店舗など三相交流用機器に使われます。

p82311231494436128472.jpg

三相4線式は、3Φ4Wと表記され、使用電圧は240V及び415Vです。

工場やビルの電動機などに使われます。

対地電圧は、240Vです。

p1395112314944365271003.jpg
第二種電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。