第二種 電気工事士の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

架空引込配線について

架空引込配線は頻出問題です。架空引込配線と配線用遮断器について、あわせて説明します。

架空引込線と取り付け点の高さについて

架空電線の支持点から引込線の取り付けまでは、ケーブルを除き

2.6mm以上( 径間15以下の場合は、直径2mm以上 )の硬銅線を使います 。


引込取付点の高さは地表から4m以上ですが、やむを得ない場合( 車などの問題が起こらない場合 )

2.5m以上でも問題ありません。

引込配線と引込口について

引込線取付点から電力量計を通って引込口までの配線を、引込口配線といいます。

イラストについて解説をしますと、

①は、架空引込線です。

②は、車などの交通で問題がない場合は、地表から2.5m以上の高さにします。

③は、引込線取付点です。

④は、がいし引き工事・合成樹脂管工事・ケーブル工事のどれかです。

⑤は、電力量計です。

⑥は、引込口です。

こちらは、木造住宅の場合の工事です。

木造住宅の壁にはワイヤラス張りやメタルラス張りが多いため、漏電して火災が発生することもあります。

漏電を防ぐために、金属管工事など金属を使った工事は禁止されています。

引込開閉器の省略について

家などから車庫などの違う建物に電気を引き込む場合、違う建物にも引込開閉器を施設するのが原則です。

ただし、

であれば、省略しても問題ありません。

配線用遮断器の省略について

屋外配線の開閉器と過電流遮断器は、屋内電路用のものと兼用させてはいけません。

ただし以下の条件のもとでは、兼用ができます。

①は、屋外配線用遮断器です。

②は、長さが15m以下です。

③は、引込開閉器です。

この場合、①の屋外配線用遮断器と③の引込開閉器は省略できます。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら
人気の授業
この授業に関連した情報

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。