第二種 電気工事士の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ショウウィンドー内の工事について

店頭で見かけることも多いと思いますが、ショウウィンドー内の工事についての説明です。電気工事士のテストでは、ショーウィンドーではなく、ショウウィンドーと記載されています。

ショウウィンドー内の工事とは

ショウウィンドー・ショウケースの中に照明などの配線をするために、見た目が良くなるようになるべく

隠すようにします。

どうしても見えてしまう場合には、

コードやキャブタイヤケーブルの配線をします。

p1007122214968338511087.jpg

ショウウィンドー内の工事について

p85312221496844285635.jpg

イラストについて説明をします。

注意点には、以下のようなものがあります。

ショウウィンドー・ショウケースは、乾燥した場所に施設します。

内部は、必ず乾燥した状態で使用することが重要です。

使用電圧は、300V以下です。

外部から見えやすい所に限り、断面積0.75mm²以上のコードやキャブタイヤケーブルを使えます。

コードやキャブタイヤケーブルは、造営材に接触して取り付けることができます。

電線の支持点間の距離は、1m以下です。

他の低圧屋内配線との接続をする場合、差込み接続器などを使用します。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。