第二種 電気工事士の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

セルラダクト工事について

イメージしにくいセルラダクト工事です。イメージしやすいようにイラストを入れて説明をします。

セルラダクト工事とは

鉄骨の建造物の波形デッキプレートなどの溝を閉鎖して、配線用ダクトとして使用する工事です。

ビルなどで床にコンクリートがあります。

その床には、凸凹した鉄板がはいっています。

その凹凸のところに配線します。

実際にイラストを用いて説明します。

p185512431497197901496.jpg

セルラダクト工事について

p66812431497197901989.jpg

工事のイメージをイラストで説明します。

屋外ビニル絶縁電線を除く絶縁電線を使用します。

より線または、直径3.2mm以下の単線を使用します。

ダクト内に電線の接続点を設けることができません。ただし、電線を分岐できる場合で、接続点が容易に点検できる場合は許可されます。

使用電圧は300V以下です。

点検できる隠ぺい場所や、点検できない隠ぺい場所で、乾燥している所に施設します。

セルラライト工事の接地工事について

セルラライト工事の場合は、D種接地工事をします。

接地工事の省略は認められていません。

p131312431497198222237.jpg
第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。