メタルラス張りなどの木造造営物の工事について | 第二種電気工事士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

メタルラス張りなどの木造造営物の工事について

メタルラス張りなどの木造造営物の工事は、頻出問題です。図でしっかりと解説します。

メタルラス張りなどの木造造営物の工事とは

木造造営物の壁などには、メタルラス・ワイヤラスなどの金属の網・板が埋め込まれています。

メタルラス張り・ワイヤラス張りでは、金属管工事をするをする時、屋内配線とメタルラス・ワイヤラス張りは絶縁しないといけません。

絶縁していない場合には、漏電による火災などの原因につながります。

メタルラス張りなどの木造造営物の工事について

メタルラス側

  • ① メタルラスなどです。
  • ② メタルラスを十分に切り開きます。
  • ③ 絶縁管です。
  • ④ 金属管です。
  • ⑤ 電線です。


壁側

  • ①木片などで絶縁します。
  • ②蛍光灯です。
  • ③金属管です。

メタルラス張りなどの木造造営物の工事の注意点

メタルラスなどと、金属製のダクトや管などは、電気的に接続しないようにする。

金属製の管やダクト・ケーブルなどがメタルラス張りなどの造営材を貫通する場合は、貫通する部分の金属製の管やダクト・ケーブルなどに、耐久性のある絶縁管をはめたり、耐久性のある絶縁テープを巻いて、メタルラスなどと電気的に接続しないようにします。

電気機器を設置する場合は、メタルラスなどと電気機器の金属部分とは、電気的に接続しないように設置します。

この授業に関連した授業
第二種電気工事士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。