ケーブル工事について | 第二種電気工事士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

ケーブル工事について

実技試験でも出題されるケーブル工事です。イラストを使って説明します。

ケーブル工事とは

ビニル外装ケーブルやポリエチレン外装ケーブルなどを使用する工事です。

ほとんど制限がないというのが特徴です。

圧力がかかるところには、金属管や合成樹脂管に収めるなど、防護措置をします。

地中埋設も可能ですので、地中埋設についても少し触れます。

ケーブル工事の方法について

各パーツの説明をします。

  • ① ケーブルです。
  • ② 蛍光灯です。
  • ③ アウトレットボックスと黒い物体はゴムブッシングです。
  • ④ ステープルです。
  • ⑥ VVF用ジョイントボックスです。
  • ⑦ スイッチです。

ケーブル工事の施設について説明します。

使用電線はケーブルです。

ケーブル相互の接続は、③や⑥のように接続箱内で行います。

支持点の距離⑤は、造営材の下側や側面に沿って取り付ける場合は、2m以下です。
接触防護措置を施した場所に垂直に取り付ける場合は、6m以下です。

曲げ半径は、曲げる場所⑨の内部半径をrとします。ケーブルの外径⑧をDとした場合、r はDの6倍以上です( r ≧ 6D )。

ケーブルの地中埋設・直接埋設工事について

各パーツの説明をします。

  • ① トラフです。
  • ② ケーブルです。
  • ③ 堅ろうな板です。

ケーブルの地中埋設・直接埋設について説明します。

使用電線は、ケーブルです。

重量が大きく圧力を受ける場合には、トラフなどに収めます。
この場合の埋設の深さ⑤は1.2m以上です。

重量が大きく圧力を受ける恐れが無い場合は、トラフや堅ろうな板でケーブルを多いです。
この場合の埋設の深さ⑤・⑥は、0.6m以上です。

この授業に関連した授業
第二種電気工事士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。