一般用電気工作物の検査 | 第二種電気工事士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

一般用電気工作物の検査

一般用電気工作物の検査は、電気設備技術基準に適合しているかの検査です。その検査に何を用いるかをしっかり理解しましょう。

低圧屋内配線の竣工検査について

一般用電気工作物が完成したとき、電気工作物の低圧屋内配線が電気設備技術基準に適合しているか、

また漏電による感電や火災などの危険がないかを検査する必要があります。

この検査を竣工検査といいます。

竣工検査では、以下の検査を行います。

最初は目視点検から行います。

  • 目視点検:ドライバーなどを使用します。
  • 絶縁抵抗測定:絶縁抵抗計を使用します。
  • 接地抵抗測定:接地抵抗計を使用します。
  • 導通試験:テスタ( 回路計 )などを使用します。

測定・試験項目と測定器について

実際の電気工事で検査に使用される測定器と用途は、以下の通りです。

  • 検電器( ネオン式 )〜 電路の充電の有無を検査します。
  • 回路計( テスタ )〜 抵抗・電圧・電流測定です。
  • 絶縁抵抗計( メガー )〜 絶縁抵抗を測定します。
  • 接地抵抗計( アーステスタ )〜 接地抵抗を測定します。
  • クランプ形電流計 〜 負荷抵抗・漏えい電流を測定します。
  • 電力計 〜 消費電力を測定します。
  • 電圧計・電流計・電力計の3つ 〜 負荷の力率を測定します。
  • 検相器 〜 三相回路の相順を測定します。
  • 回転計 〜 電動機の回転速度を測定します。

計器の種類と記号について

電流や電圧など測定する器具を計器と言います。

計器には測定対象、使用される回路、動作原理などにより分類されています。


可動コイル形〜直流で使用されます。電圧と電流が主な測定対象です。



可動鉄片形は〜交流で使用されます(直流も可)。電圧と電流が主な測定対象です。



誘導形〜交流で使用されます。電力量が主な測定対象です。



整流形〜交流で使用されます。電圧と電流が主な測定対象です。



電流力計形〜直流と交流で使用されます。電圧と電流と電力が主な測定対象です。



熱電形〜直流と交流で使用されます。電圧と電流が主な測定対象です。

計器の配置について

計器は測定するときの置き形によって、記号が定められています。

測定するときの置き形は、計器の目盛版に記号で表示されています。

水平に置いて使用する場合



鉛直に立てて使用する場合



傾斜させて使用( 45度 )する場合

導通試験の目的について

導通試験は、以下の目的で回路計( テスタ )を使用します。

  • 回路の断線がないかを確認します。
  • 回路の接続に誤りがないかを確認します。
  • 器具への結線の接続不良がないかを確認します。
この授業に関連した授業
第二種電気工事士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。