第二種 電気工事士の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

電気工事士の資格がないとやってはいけないこと

電気工事士法の最頻出問題となっている一つで、例年、問題自体の難易度は易しいです。確実に取れるようしっかり理解しておきましょう。ここでは、『第二種電気工事士の資格がないとやってはいけない作業』について学びます。本章は必須項目と参考項目に分け、覚えるポイントを紹介しています。

覚えなければならない必須項目

まず、第一種と第二種電気工事士で作業できる内容が異なります。

本章では「第二種電気工事士」の内容について、紹介していきます。

必須項目はたくさんありますが、試験に頻出しますので覚えましょう。

『電気工事士しかやってはいけない作業』とは、欠陥があると重大事故に繋がる作業のことです。

特に上記5項目は必須事項です。覚えるコツとしては、


① 電線、電線管を取り扱う作業

p181615251508638876246.jpg


② 接地線と接地線(接地極)の接続、接地線の埋没

p715152515086388761000.jpg


③ 金属製のボックスや配電盤を造営物に取り付け

p26815251508638876749.jpg


以上の3点にまとめれば、覚えやすいです。

参考項目

と4項目ありますが、試験では必須項目の内容が出題されることがほとんどです。

参考項目は頭の片隅に置いておく程度で覚えましょう。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。