過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の筆記試験対策

第二種電気工事士筆記試験における試験対策のコツやポイントを各分野ごとにご紹介します。

電気機器

今使っている電気機器などを見て覚える

電気は、私たちの生活の中のごく身近なところにあります。目に見えるところでは、照明器具、スイッチ、コンセントなど・・・。
電気は、電力会社から建物に電気を引き込んで電力量計を通り、分電盤から各部屋に電気を送っています。

実際についている物を見て覚えるのが一番早いので、ご自宅の電気機器を見てひとつひとつ確認して覚えて下さい。

配線の図記号

自宅の電気配線をイメージ

電気配線の方法は、『天井隠ぺい』・『床隠ぺい』・『露出』・『地中埋設』など、場所や用途によって分けられています。ご自宅の配線は実際にどうなっているかを考えながら勉強を進めていくとスムーズに身につきます。

配線図記号は必ずといっていいほど出題されますので、基本を確実に覚えましょう。

照明器具の図記号

比較的覚えやすい照明図記号 蛍光灯形と白熱灯形をしっかり覚えて

最近ではほぼ全ての機種でLED化が進んだともいえる照明器具です。
照明器具の図記号は、蛍光灯形(直管ランプ型)と白熱灯形(丸型)にわかれ、さらに取付け方によって『直付』や『埋込み』・『壁付け床付』などに分けられます。

写真と図記号の形を頭に入れて、図面上の設置場所や使用用途をよく考えて問題を解きましょう。

コンセントの図記号

配線図のどの場所にコンセントが付いているか

図面上のコンセントの配線が
①『隠ぺい配線』か『露出配線』かを見極め、
②『埋込型』か『露出型』かを判断し、
③取付場所は『壁』か『床』かを確認します。

コンセントの図記号基本の形をしっかり覚え、添字のEやEETの意味や役割もしっかり覚えましょう。

スイッチの図記号

スイッチの先の器具をしっかり確認

スイッチは、取付けられる『場所』や『用途』によって使い分けられています。
1ヶ所からオンオフさせる『単極(Bスイッチ)』や複数の場所からオンオフさせる『3路(Cスイッチ)』などがあります。

図面をよく見て「どんな風に使用するのか」を考えて選定しましょう。

第二種電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。