過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

コンクリート壁に金属管を取り付ける方法

筆記・技能試験で金属管工事が出題されることもあります。この金属管工事をコンクリートに取り付ける場合について説明しようと思います。

金属管工事について

金属管工事では、金属管中に電線を入れるので、外からの振動などに強いというメリットがあります。
反対に絶縁をしっかりやらないと、漏電による火災・感電となる場合がありますので注意が必要です。

使用する電線は以下の通りです。

以上が、金属管工事で使用する電線の制限です。
ケーブルも使用して良いですが、必ずボックス内で接続を行うことが重要です。
技能試験では 1.6mm の電線や、それを束ねているケーブルが出ることが多いので単線で接続することが多いです。

最後の相ごとに線を入れるのは、誘導電流が流れた際に右ねじの法則により磁界が発生します。
この磁界の変化により、金属管にも磁界が誘導されてしまうので、相殺させるために1つの菅に収めることが大事です。

金属管の厚さ

タイトル通り、コンクリートの壁に設置をするなど、露出する配線を行う場合があります。
趣旨が変わりますが、コンクリートに埋め込む工事もあります。
その時の金属管の厚さは以下の通りです。

となっております。覚えた方が良いです。

コンクリート壁の金属管工事方法

p81383214900117301553.jpg

金属管工事にはルールがあります。

p168783214900117301038.jpg

このように塗装します。

金属管の接地工事

使用電圧が 300V 以下では金属管に接地工事を行います。

D種接地工事を行うことになっております。

ただし以下の場合には接地工事をしなくてもいいのです。

使用電圧が 300V を超える場合も金属管に接地工事をします。

C 種接地工事を行います。
これにも条件があります。

人が触れる恐れが無い場合には D 種接地工事をすることになっています。

300V を超えた場合は接地工事をしなければなりません。

金属管工事の材料

金属管には厚鋼電線管( 厚さ2.3mm以上 )、薄鋼電線管( 厚さ1.6mm以上 )そしてねじなし電線管( 厚さ1.2mm以上 )の3種類があります。金属管の長さはどれも約 3.66m です。

この金属管に接続する材料については以下の通りです。


金属管が曲がっている所に接続するものは以下の通りです。


電線の接続やコンセントなどを取り付けるためのボックスです。


ボックスと金属管を接続するために使う材料です。


金属管の固定と接地に使う材料です。


電線の被覆を保護したりするときに使う材料です。

金属製の可とう電線管は一種と二種があります。二種の方が強度が高いため用いられます。
可とう電線管とは、複雑な曲げをしたいときに使う電線管です。

ホースみたいなイメージをされると良いと思います。
ただし、あまりグニャグニャと曲げるものではありません。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。