過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

照明の種類と特徴について

今、私たちの生活の中で必要な照明です。この照明の種類、動作などの特徴を学んでいただきたいと思います。日常生活や仕事などで必要な知識となってきます。

蛍光灯の回路について

蛍光灯は4つの部品から成り立っている、放電灯です。
次の回路が蛍光灯の回路図です。

p78583514900525691823.jpg


グローランプ( 点灯管 )

つまり、このグローランプは蛍光ランプの放電の始動をさせるための部品なのです。


安定器( チョークコイル )


コンデンサ

グローランプの動作により、高周波ノイズが発生します。
この高周波ノイズが、テレビやラジオなどにトラブルを起こします。
このノイズを防止する役割があります。

p7158351490052569476.jpg

放電灯と白熱電球の特徴

放電灯は、管の中に気体を注入して、その気体の中の放電による発行を利用しています。
蛍光灯も放電なので似たようなものですが以下にこのような電灯があります。

白熱電球は電流により高温に加熱されたフィラメントの発光を利用します。
同じくハロゲン電球も動作は同じです。

白熱電球は抵抗だけなので、力率がほぼ100%です。
一方、放電灯は安定器( チョークコイル )を使うため力率が下がります。

同じ電力であれば、どっちが光るかと言うと、放電灯です。

高圧水銀ランプについて

水銀の蒸気を、大気圧以上に高圧にしたものが水銀灯です。
放電を安定させるために、安定器を設置しています。

学校や、運動公園などの体育館の中で使用されています。
体育館内の部活をやっていた方は、なんとなく分かるかと思います。
きちんと点灯するまでに時間がかかります。

ナトリウムランプについて

ナトリウムの蒸気が放電すると、光を出します。
この光を利用した放電灯がナトリウムランプです。
色がオレンジです。
道路やトンネルに多く使われています。

p186983514900713261671.jpg

照明器具について

照明器具は目的・設置方法・発光の仕方で分けられます。
試験に出題されるものは、今までのランプをもっと大雑把に分けると次のようになります。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。